頻尿を食事で解決してみる

頻尿にならないようにするには、食事で解決することはできるのでしょうか? 頻尿の原因はヒトによって違うと思うので、確実に効く!という栄養素はありません。しかし、いくつかの頻尿対策にいい栄養素というのはわかっているので、いろいろ試してみるとあなたにあった頻尿対策の栄養素が見つかるかもしれません。


引用:http://notifyem.net

頻尿、尿漏れによい食品・成分

ノコギリヤシ

頻尿というとノコギリヤシが思い当たる人もいるかもしれません。私もノコギリヤシを試していた時期があります。でも、ノコギリヤシって前立腺肥大症の改善と男性ホルモンの抑制作用があるだけなので、これらが原因でない場合はあまり意味がないようです。

特に前立腺肥大症は男だけで、しかも加齢によって肥大してくる前立腺を抑えることで膀胱の圧迫を止めて頻尿を改善するということです。ノコギリヤシが女性にもいいといわれることもありますが、効果が証明されていないので頻尿対策に女性が使う必要はないでしょう。

参考:ノコギリヤシのサプリ徹底比較ガイド!

(西洋)ペポカボチャの種

ペポカボチャは、あまりなじみがない野菜です。ペポカボチャには観賞用と食用がありますが、近所のスーパーではたぶん売っていないでしょう。

ペポカボチャが頻尿にいいというのは、ヨーロッパではすでに医薬品として認定されているので、効果はお墨付きです。頻尿改善については、過活動膀胱という膀胱が活発に動きすぎて頻尿になる症状や女性の頻尿に多い骨盤底筋の機能を向上させることでできるようです。

ペポカボチャは男女ともに有効なので、ノコギリヤシのように男性だけということもありません。医療機関を受診するほどでもなかったり、とりあえず試してみたい場合にはペポカボチャ配合のサプリがおすすめです。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用がある栄養素として有名ですが、活性酸素を抑えることで様々な効果を期待できます。特に頻尿に関連することとしては、血行をよくすることで冷えを改善する、冷えを改善することで腎臓の機能に負担をかけないということです。また高い抗酸化作用は老化を防止します。頻尿の大きな原因として加齢による前立腺や膀胱の筋肉の衰えがあるので、老化を遅らせることはこれらの症状が起こりにくくなるということでもあります。

リコピン

リコピンには、トマトに含まれる栄養素です。効果としては強力な抗酸化作用、血糖値を下げる、動脈硬化を予防、がん予防、ぜんそくの改善などがあります。最近の研究では、頻尿対策として前立腺肥大に伴う膀胱内圧の上昇を軽減する作用があるとされています。

イソサミジン

最近注目の成分としてはイソサミジンです。イソサミジン自体を聞いたことがないと思いますが、この成分はボタンボウフウというせり科の多年草にだけ含まれているためです。イソサミジンには膀胱の過剰な収縮をやわらげ過活動膀胱などの膀胱の異常な動きを鎮める働きをします。

マグネシウム

マグネシウムは人体に必要なミネラルの一つです。食材としては、あさり、納豆、いわし、いくらなどに多く含まれています。マグネシウムには尿の出を制御する筋肉である尿道括約筋を鍛える働きをするので頻尿によいとされています。

クランベリー

クランベリーの原産国はアメリカです。アメリカではクランベリーに関する研究がよく行われています。今までの研究でわかっているのは、細菌が原因となる膀胱炎、尿道炎を体質改善により改善するということです。クランベリーには細菌の種類を問わず細菌を粘膜から引きはがす働きがあるのです。

これらの栄養成分は、続けて摂ることで効果を発揮します。種類によっては、スーパーでは手に入らないので、その時はサプリメントで摂取するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?頻尿によいとされる健康成分について説明してきました。これらは、なかなか通常のスーパーなどでは手に入れることが難しいのが問題です。

銀杏やクルミはたまに摂るのは特に問題ありませんが、毎日のように銀杏やクルミを食べることは現実的には無理でしょう。しかもニラ種やクコの実、クランベリーなどはどこで手に入れたらいいのか困ってしまいます。

健康成分が通常の食品から摂りにくい場合はサプリメントで摂るしかありません。サプリメントに対してなんとなく不安と考える人もいるのではないでしょうか?

ノコギリヤシやぺパカボチャなどはヨーロッパなどで医薬品の一部として用いられているので、頻尿対策のサプリメントは信頼性が高く、一般的なサプリは怪しいという概念とは少し違います。

肝臓にサプリメントってどう?有効なその理由とは

飲みすぎや食べ過ぎが続いて、なんだか疲れやすい…それって肝臓の疲弊が原因かもしれません。肝臓が働きすぎて疲れてしまうと、体全体に影響を及ぼすので、朝目覚めが悪かったり、疲れがなかなかとれないといったことがありえます。

では、肝臓を元気にするにはどうすればよいかというと、食べ物を工夫することです。和食を中心とした食材には肝臓によい食べ物というのがあるので、それらの食べ物に加え運動や睡眠などを十分にとってストレスをためない生活をするとよいのです。

肝臓にいい食べ物の代表的なものは、大豆製品、しじみ、緑黄色野菜などで、抗酸化力の強い栄養素が含まれている他、ビタミン、ミネラルなどが豊富、またオルニチンなどの肝機能をサポートするための栄養素がたくさんあるのです。

参考:肝機能がグングン向上!肝臓にいい食べ物とは

毎日の飲みすぎ、食べ過ぎなどで肝臓が疲れているかなと思ったら、これらを中心に食べることで肝臓へのサポートになります。また、食品の摂り方にも注意が必要で、エネルギー、たんぱく質を摂り過ぎずに、きっちりと1日3食をよく噛んで食べるといいでしょう。

肝臓にサプリは有効?

では、サプリメントは肝臓に有効なのでしょうか?一般的に市販薬や処方薬に限らず薬は肝臓で処理されるので肝臓に負担がかかります。サプリメントにも栄養素を包むためのカプセルに添加物が必ず含まれるのでそれ自体は肝臓にあまりよくありません。

しかし、それを補って余りあるほど有効な成分は肝臓の助けになるのです。一昔前までは薬は肝臓で処理されるので肝臓病の人には出さずに食事だけで治療することが普通でした。

しかし、肝臓のためによい食事は作るのが面倒だったり、成分を大量に摂らなくてはならないため高価になりがちです。それに比べて、サプリメントでは栄養素を多く摂る必要もなくなによりも作る手間がないのでむしろ肝臓の修復に向いているともいえます。

サプリメントのカプセルを固めるためには添加物が必要なので、もちろんそれは肝臓によくないのですが、今のサプリメントはよほどの粗悪品でなければ添加物を入れないように上手に工夫をしています。

ただし中には安すぎる製品があって、添加物が多く使われている怪しげなサプリもあります。サプリメントを選ぶ際には成分表をしっかりチェックして肝臓に悪い原因を作らないような注意は必要です。

肝臓にいいサプリのポイント

では次に肝臓によいサプリメントとはどんなものなのかを説明します。

肝臓への有効成分の含有量

成分の含有量は重要な要素です。肝臓の調子を改善するのに有効な成分としては、オルニチンやシスチン、肝臓エキスなどがあります。肝臓のサプリメントがそれらを配合していたとしても量が少ない場合や思ったほど有効に機能しない場合もあります。配合されている有効な栄養素の種類も大切ですが、サプリメントに配合されている成分の量が十分かもチェックしてください。

自分に合ったものを見つける

これは、サプリメントすべてに当てはまることですが、サプリメントの成分は個人個人の相性があります。どんなにネットでの評判や評価が高くとも自分に合わなければまったく意味がありません。サプリメントを購入する以前に配合されている成分や量を調べるのはもちろんですが、試して自分に合わない時は途中でやめることも検討しなければなりません。

添加物の少ないものを選ぶ

どんなサプリでも添加物や着色料が少ない方が肝臓への負担が少ないサプリとなります。特に添加物はその量が多いと肝臓やその他の臓器に負担がかかります。サプリメントは毎日飲むものですから特に注意が必要です。

これらのポイントを参考にして自分に合ったサプリメントを見つけるようにしてください。
参考:肝臓に効くサプリメント特集!おすすめランキング

女性用のHMBサプリBBBで筋肉女子を目指す

なかなか痩せないって困っている女性はいつの時代にも多いものです。

でもダイエットサプリってなにを使っていますか? ダイエット用のサプリとは、脂肪燃焼系、食欲抑制系、カロリーカット系、デトックス系の4種類に分類できます。

これらのサプリって基本的には飲むだけでOKのもので積極的にダイエットするぞ~!ってものじゃないんですよね。最近の流れはこういったダイエットサプリはあまり効果的ではないと思われているんです。

今の流行は健康で太りにくい身体づくり

今一番ダイエットで流行しているのは、筋トレで筋肉をつけて、有酸素運動で脂肪を燃焼させる方法です。この方法の何がいいかというと基礎代謝が上がるので健康的に痩せることができるってことです。

飲むだけで痩せるようなものは、リバウンドや健康を損なう恐れがあるので健康的ではありません。いくら痩せたって健康的なボディを作れなければ、意味がないんです。

だって、プールに行っても海にいってもブヨブヨの体なんて見せたくないですよね。それよりも、筋肉がシャキッとしていればみんなに「カッコいい~」って思われるのでホクホクしてしまいます。

その筋肉系ダイエットサプリで主流なのがHMB&クレアチンを配合したものです。いろいろ調べたところ、今のところはBBBという商品しか販売されていません。

他のものはすべて男性向けです。男性向けを女性が摂取してもいいのですが、女性の体によい有効成分などはやはり女性向けの方がよく考えられているようです。


BBB(トリプルビー)女性用HMBサプリ の辛口評価【AYA先生監修】

このBBBでも、残念ながら飲めば筋肉がついてスタイルもよくなるというものではありません。しかし、日ごろからジムで筋トレをしている、ジョギングをしているというような人は今までよりも筋肉がつく効率が段違いになるのです。

せっかくトレーニングするなら、やはりちゃんと筋肉がついた方が見た目的にもいいですよね。

今まで運動していない…といった人でも大丈夫です。AYA先生が監修したDVDもついているので、そのDVDを見ながら効率よくエクササイズをすればいいんです。

今までのダイエットではイマイチ効果が出なかった人は試す価値があります。でも、運動が苦手、運動が嫌いというような人はちょっと難しいのかもしれませんね。

パソコンのし過ぎで目の疲れがピークに!

パソコンやスマホ、タブレットなど最近では電子機器を使う機会がかなり増えているので、目の疲れがピークになってしまうことはよくありませんか?

昔だったら、せいぜいテレビぐらいだったうえに、一日中ずーっとテレビを見ている人なんてほどんどいませんよね。

今は見続けようと思えばずーっと離れられませんからね。「目が疲れた」程度で軽いのであればいいです。しかし、それが続くようになると頭が痛い!肩がこる!といった目の疲れよりももっともっと深刻な自体になってしまうことが多々あるのです。

でも、今ってパソコンとかスマホがないと仕事になりませんよね。特に事務系とかSEとか…じゃあどうすればいいのかって話になると、パソコンやスマホと上手に付き合いながら目の負担を軽減していくしかないんじゃないのかなって感じです。

目の疲れと眼精疲労って違うの?

ちなみに、目の疲れと眼精疲労は違うみたいです。

なにが違うかっていうと「症状の重さ」。「目の疲れ」は、寝れば治るとかしばらく目を休めればよくなるといった一時的な症状です。逆に眼精疲労というと目の疲れの他にも、肩がこる、頭が痛い、といった別の症状がでてしまうこと。

それが常に起こってしまい、目の疲れが続くのに放っておくと「眼精疲労」に移行してしまうようです。

目が疲れないためには

目が疲れないようにするには、血流を保つことが一番です。目にも血管があるので、血流が悪くなると目に大切な栄養が運ばれなくなってしまいます。そうすると、目が疲れたり、目の病気になったりすることがあります。

血流は当然のことながら、目だけでなく体を全体を健康にするのに重要です。特に疲れ目の時は血流改善のために温めることで目の疲れがとれる場合が多くあるようです。


出典:眼精疲労(目の疲れ)解消法と予防法の秘策を公開!

目にとってもう一つ大切なのは、酸素。特に角膜は、血管がないので涙液から酸素を取り入れるのです。角膜で酸素を取り入れられないと角膜内の細胞が減少したり目が渇いたり、充血したりと目の病気にかかることも考えられます。

特にコンタクトレンズをつけていると、酸素不足になりやすいです。コンタクトレンズは酸素をできるたけ酸素を透過する能力が高いものを使うと目が疲れにくくなります。

寝ることは最強のイライラ解消法!【私の体験談】

私たちは、仕事やプライベートで常にストレスを受けておりイライラ、ムカムカすることがないという人はいないでしょう。

特に仕事でのストレスは、イライラだけで収まればいいのですが、やがて体調が悪くなったり、病気になったりすることもあるので困りものです。ストレスは知らずに溜め続けるとどんどん悪くなってしまいます。

実は、最近の研究では睡眠はイライラを鎮めるのに有効ということがわかってきました。

私の体験談

私は、小さいころらとにかくよく寝る子でした。小学生のころでも1日に11時間は寝ていたでしょう。若いといつも眠いと言われるように、大学生のころも、やはり眠くて学校にはなんとか行っていましたが、授業中はいつも寝ていました。

その私も、大人になってくると仕事をしなくてはなりません。しかし、忙しい職場だったので朝は8時から始業、夜は早くとも20時前後、遅いと終電という生活でした。

そんな生活が続いたせいなのか、昔はそれほどイライラすることがなかったのに、小さなことですぐにイライラするようになってきました。

最初のころは原因がわからなかったので、「仕事で疲れているせいだ」と思っていました。しかし、明らかに精神的にモヤモヤすることが多く、自分でもおかしいなと感じていました。

あるとき、あまりに疲れていたので土日の休みにずーっと寝てました。ほとんどなにも食べず、口に入れたのは水だけです。特に病気というほどではなかったのですが、とにかく寝たいという思いで、ゴロゴロ、寝る、ゴロゴロといった生活です。

そのかいあって、月曜日にはかなりスッキリしていたのです。やはり、睡眠は精神の安定、イライラ解消には重要だったんでしょう。

それからは、なんだか気分がスッキリしない場合は、とにかく寝まくっています。

寝ることで、頭がすっきりして次の日から仕事もがんばれるような気がしているのです。

いらだちはみんなが抱えていること解消法は?

苛立ちを抱えてる人はあなた自身だけとは限りません。

「ムカムカする」というのはいろいろなコトによって心や身体にプレッシャーがかかった状況を指します。

ムカムカした状態が続くことで下手をすると体調が悪くなる場合も考えられます。それが、長い期間続くことでウツ病などの病気になってしまうこともあります。

単なるムカムカだからといって、軽く考えていると大きな病気になることもあるので注意が必要です。

事実、私も以前にムカムカしすぎて突発性難聴になってしまったことがあります。

「なんだか耳がおかしいなー」っという感じで、耳の中に何かがつまったような気がして気になって仕方がなかったのです。

さっそく近所の病院にいきましたがまったくお手上げ、たぶん突発性難聴はかなり研究が進んでいるところに行かないと治せないんでしょうね。

結局、治療が遅れたためか今でも右の耳だけ高音域が人よりも聞こえにくい状態になっています。早めのケアが大切でした。

ストレスを受けない状態にする

ストレスをどれぐらい受けるかというのは、各々の感度によるので人によってどれぐらいが限界か、どのぐらい耐えられるのかは違ってきます。

ただ、ストレスを感受しつつ日々を過ごす事はあまりいい状態とはいえません。

もとも自分が最も好きな事をすることでストレス発散ができたらよいのですが趣味が無い人がイライラすることを他人から受けてしまっているとどうしても避けることができなくなることもあります。

ムカムカの要因を探し取除くことが理想ですがヒトの気持ちは簡単ではないのです。

いま思ってることがらを文章にして吐き出す事から開始してみてください。

友だちに心の内を話すことで解消するかもしれません。

ストレスを解消するためには

ストレスを解消するもっともはやいことは、誰かに愚痴ることです。親、兄弟、配偶者、友達、だれでもいいんです。

まぁ、愚痴られた方は楽しくありませんが「お互い様」とわりきっていきましょう。あなたが愚痴られることだってありますからね。