パソコンのし過ぎで目の疲れがピークに!

パソコンやスマホ、タブレットなど最近では電子機器を使う機会がかなり増えているので、目の疲れがピークになってしまうことはよくありませんか?

昔だったら、せいぜいテレビぐらいだったうえに、一日中ずーっとテレビを見ている人なんてほどんどいませんよね。

今は見続けようと思えばずーっと離れられませんからね。「目が疲れた」程度で軽いのであればいいです。しかし、それが続くようになると頭が痛い!肩がこる!といった目の疲れよりももっともっと深刻な自体になってしまうことが多々あるのです。

でも、今ってパソコンとかスマホがないと仕事になりませんよね。特に事務系とかSEとか…じゃあどうすればいいのかって話になると、パソコンやスマホと上手に付き合いながら目の負担を軽減していくしかないんじゃないのかなって感じです。

目の疲れと眼精疲労って違うの?

ちなみに、目の疲れと眼精疲労は違うみたいです。

なにが違うかっていうと「症状の重さ」。「目の疲れ」は、寝れば治るとかしばらく目を休めればよくなるといった一時的な症状です。逆に眼精疲労というと目の疲れの他にも、肩がこる、頭が痛い、といった別の症状がでてしまうこと。

それが常に起こってしまい、目の疲れが続くのに放っておくと「眼精疲労」に移行してしまうようです。

目が疲れないためには

目が疲れないようにするには、血流を保つことが一番です。目にも血管があるので、血流が悪くなると目に大切な栄養が運ばれなくなってしまいます。そうすると、目が疲れたり、目の病気になったりすることがあります。

血流は当然のことながら、目だけでなく体を全体を健康にするのに重要です。特に疲れ目の時は血流改善のために温めることで目の疲れがとれる場合が多くあるようです。


出典:眼精疲労(目の疲れ)解消法と予防法の秘策を公開!

目にとってもう一つ大切なのは、酸素。特に角膜は、血管がないので涙液から酸素を取り入れるのです。角膜で酸素を取り入れられないと角膜内の細胞が減少したり目が渇いたり、充血したりと目の病気にかかることも考えられます。

特にコンタクトレンズをつけていると、酸素不足になりやすいです。コンタクトレンズは酸素をできるたけ酸素を透過する能力が高いものを使うと目が疲れにくくなります。