若気の至り?つらい性病にかかった体験談

先日自分の身に起こった体験談を記録しておきます。このようなことは自分の黒歴史であり、とても人には話せないのですが将来?の備忘録として記しておきたいと思いました。

そう、あれは忘れもしない去年のクリスマス前のことです。股のあたりがかゆくなり、最初は蚊に刺されたのかな?と思いましたが、季節はもう冬です。さすがに蚊はいないだろうと放置していましたが、違和感はずっと残ったままでした。

そして、数日たったときに「まさか性病?」と思うようになったのです。

厚労省:性感染症

私が、性病科もしれないと思ったのは心当たりがあったからです。クリスマス前で彼女もいなかったので、「女の子の方も相手を探しているはず!」となんの根拠もなく探し回り、友人と二人でナンパをしようということになりました。

うまくゲットできて天国モード

2、3日は不調でしたが、あるとき運よく2人組の女の子をゲットでき、とりあぜう食事しよう、おごるからと言ってこじゃれたレストランに連れ出すことに成功しました。

レストランでは、うまいこと盛り上がり「これはいけるかな?」と手ごたえを感じていました。そして食事のあとに、私は気になるA子とカップルになり、友人とは別行動することになりました。

食事の時から、若干の下ネタも入っていることからもう二人は暗黙のモードに突入していました。ここは勝手知ったる地元だったので、カップルが入るホテルの場所も当然しっています。ゆっくりできるところでカラオケしようということで、行為に及びました。

連絡先は、好感したんですが数回連絡をとってそのことはフェードアウトしてしまいました。

しばらくしてから症状がではじめた

そんなに遊んでいるような子には見えなかったのですが、やはり展開が早かったので身持ちが固いというほどの子ではなかったのでしょう。1週間ぐらいで陰毛の周りが痒くなりはじめ、さいしょは清潔にしていないからかな?と石鹸でゴシゴシと洗いましたが、かゆみは一向に収まりませんでした。

陰毛をよく観察してみると、肌のところに白っぽいポツポツのようなものがありました。実はこれは虫でなんとか引きはがし全部きれいにしました。

これで、大丈夫と一安心しましたが、なんとまた数日すると同じようにいるのです。これは卵がどこかにあるのかと思い、陰毛を剃って石鹸でよく洗い流しました。

結局泌尿器科で治療

それでもよくならなかったので、恥ずかしいながらも泌尿器科で毛じらみをやっつけるシャンプーをもらいました。それで1週間ほどで完治できました。しならくは、恐怖でシャンプーをし続けました。

毛じらみは、あまり重篤な性病とまではいえないので、助かりましたが。これがHIVとか、梅毒なんかだととても怖いと思いました。

性病は、若い人に増えているようなので特に気を付けた方がいいと思います。特に避妊は絶対にした方がいいと体験した私は思います。

性病は、近年では認知度や予防方法も徐々に広がっているためか感染者数は若干減ってきてはいるようです。(下記グラフ参照)しかし、現実的に感染者がいなくなるということはありません。


引用:http://stdchk.net/